ページの先頭です

新栄クリニック

ここからページの内容です

ひとり一人の患者さんにじっくりと向き合って

当クリニックはJR中央線、地下鉄「千種駅」から徒歩5分という交通便利な地にあり、立ち寄り易いクリニックです。 血液透析医療を中心として一般内科診療、リハビリ、そして高齢化への対応として、デイケアセンター、居宅介護支援所を併設しており、地域に密着した医療をめざしています。
隣接している有料老人ホーム「エイジトピアナゴヤ」の指定クリニックとしての役割も担っています。

法人理念

「みんなで創るやさしい医療と介護、ひとり一人を大切に」

院長あいさつ

院長 山本富男

当院は、慢性内科疾患を主とした内科診療と、腎不全の患者さんの透析医療を行っている医療機関です。 「患者さんの記憶に残るより、心に残るクリニックを」「ひとり一人を大切に」をモットーとして、患者さん、利用者さんに安心感、満足感を与えられる施設を目指しています。
新栄クリニックは、生寿会グループの一員です。 グループ内には一般病床、亜急性期病床、回復期リハビリテーション病棟、療養病床、老人保健施設、透析サテライトがあります。
生寿会グループは、早くから在宅介護事業にも取り組んでおり、訪問看護、訪問介護、デイケアと、現在では大きな医療・福祉の複合施設となっています。
これからも生寿会グループと緊密に連携し、患者さん、ご利用者ひとり一人のニーズに合ったサービスを、職員全体で提供したいと考えていますので、宜しくお願い致します。

院長  山本 富男

[院長略歴]

昭和50年3月 信州大学医学部卒業
昭和50年5月 名古屋大学医学部附属病院分院内科
昭和54年4月 中京病院腎臓科
昭和63年4月 市立岡崎病院内科 腎臓
平成4年4月 名古屋大学医学部附属病院分院内科
平成7年4月 小牧市民病院腎臓内科
平成13年4月 中京病院腎臓科
平成16年7月 医療法人生寿会

当院について

診療科目

内科、人工透析内科、腎臓内科

新栄クリニック診療時間

  診療時間
内科 9:00~12:00
14:00~16:00
人工透析内科
腎臓内科
9:00~15:00
18:00~23:00

透析は祝日も平日と同じ時間で診療しています
一般内科外来は祝日は休みです

施設紹介

一階では慢性内科疾患を主とした内科診療を行っており、また各種の健康診断も行っています。
2階の透析室では、透析導入前から維持透析までの幅の広い医療を行っています。
透析室はベッド37台、チェア3台の全40床を用意しており、80名から90名の方が治療を受けていらっしゃいます。
スタッフは、医師、看護師、臨床工学技士、看護助手、ケースワーカー、ケアマネージャーが連携を図り、チームワークを大切にした透析治療にあたっています。
臨時透析も随時受け入れています。

透析センター

臨時透析のご案内

出張やご旅行などで名古屋に滞在される方の臨時透析を随時受け付けています。
名古屋の都心部にあり、地下鉄とJRの駅も近いため多くの方にご利用いただいています。
受付については、透析施設からでもご本人の連絡でも大丈夫です。まずはお気軽にお電話下さい。
臨時透析の方でも送迎可能な場合もあります。ご希望の方はご相談下さい。

◎ご用意いただくもの

・医療保険証・特定疾病療養受療証・障害者手帳・自立支援医療証(ある方のみ)・医師紹介状・透析条件記載紙・3回分の透析条件など。

◎食事

食事をご利用の方は各自でご持参頂くか、お食事の注文も承っています。受付の際にお申し込みください。

当院の透析治療について

透析療法とは

腎臓の働きが正常の30%以下に低下した状態を腎機能不全(腎不全)といいます。 さらに、この状態が続くことを慢性腎不全と呼びます。 腎不全が進行すると体内の水分や電解質の調節が乱れ、老廃物を排泄できないために毒素やクレアチニン等が体に蓄積するようになります。 血液透析は、この毒素や余分な水分を取り除き、電解質の濃度を調整し腎臓と同様に細胞外液の量と組成を維持するのが主な仕事です。 しかし、腎臓は24時間フルで働いていますが、一日中血液透析を行っている訳にもいきません。
出来る限り効率よく短時間で血液透析を行うことが出来れば一番良いのですが、現在の医療では、1回4時間の血液透析できれいにできる血液は1~2日分が精一杯です。 その為に、週に3回の血液透析のために通院していただく必要があるのです。 血液透析をしていない間は毒素や余分な水分はたまり続け、電解質の濃度は乱れ、長期に血液透析で間違えると命に関わるような合併症に繋がりかねません。 また、血液透析だけでは不十分なところもあり、内服薬を服用したり、透析をしていない間の食事療法や日常生活、すなわち自己管理が極めて重要となってきます。 当院では元気に長生きして頂くためのサポートを、主治医、看護師、臨床工学技士、ケースワーカー等を含めたチーム医療で透析治療を行っていきたいと考えています。

透析

透析

透析治療の流れ

  1. 更衣室にて、透析治療を受けやすい衣服に着替えて頂きます。
  2. 透析室に入室し、体重を測定いたします
  3. ベッドに移動し血圧等を測定いたします
  4. 穿刺をして透析治療が始まります
    (透析中は血圧測定を定期的にチェックします。又お食事もしていただくことも可能です)
  5. 透析時間が終了したら返血を致します
  6. 体重を測定いたします
  7. 更衣室にて着替えていただきご帰宅となります

きれいな透析液

当院では、平成22年4月から厚生労働省より設けられた“透析液の水質管理”基準を基に水質管理を行っています。
透析液の安全を担保するために透析液供給装置の出口側や患者監視装置(一部)にエンドトキシンや細菌を捕捉する為のフィルター(ETCF)を設置しています。 水質確認の為に、定期的に透析液中のエンドトキシン(発熱物質)値の検査と生菌数検査を行っています。 当院で透析を受けて頂いています患者さんが安全で快適な透析ライフが送りいただけるよう、「きれいで、安全」な透析液の清浄化に取り組んでいます。

患者さんのサポート

スタッフからのメッセージ

スタッフは透析医療に対し、より良い心のこもった援助ができるよう、日々努力しています。 透析医療を必要とする患者さんの社会復帰をサポートしたいと考えています。 そのため、今年度より透析支援システムを導入し、質の高い医療を提供していきます。 透析医療についてご意見やご要望があれば遠慮なくお申し出下さい。

入院が必要になった時は

連携するかわな病院や第二日赤病院、名古屋大学付属病院へのご紹介を行っています。 かわな病院とは診療情報ネットワークにより、診療情報は共有していますので安心です。

生活相談

ケースワーカーが常勤しており、生活や福祉についての困りごとの相談を行っています。

栄養相談

栄養士による栄養相談を随時実施しています。家庭での食事についても専門の管理栄養士さんの相談を受けることができます。

送迎サービス

下記地域の人工透析の患者さんはご希望により、無料でご自宅まで送迎致しています。(送迎範囲/中区、東区、千種区、昭和区、北区)
但し、介護職員は同乗していませんので、自力歩行ができる方に限らせていただきます。
送迎の必要な方はいつでもケースワーカーが相談をお受けいたします。

新栄クリニック
院長あいさつ
当院について
当院の透析治療について
患者さまのサポート
アクセス
INFORMATION
内視鏡センター
骨粗しょう症外来
在宅医療・介護
緩和ケア・在宅療養支援センター
通所リハビリ
訪問リハビリ
透析について
看護部門
技術部門
  • 生寿会広報誌
  • 採用情報
PAGE TOP

ここからページの文末です